title
ジャボラNPOとは
tyuu
tyuu
tyuu
tyuu
tyuu

ジャボラの原点は、1996年に現代表が個人で日本語のボランティアを始めたことにあります。
その後浜松国際交流協会「日本語教え方講座」の仲間で成人対象の日本語教室を開始
2002年2月NPO認可取得。同年、外国人児童の日本語教育もスタート。

 (1)外国人市民への日本語教育ボランティア

 (2)日本人へのボランティア育成教室

 (3)日本文化の理解を促進する文化交流事業

この3本柱を中心に、学習者と「共に学ぶ」姿勢を大切にしている日本語教育支援を行うNPO法人です。

概  要

こんな課題を解決したいのです (こども)

昨今の日本では、多様な文化と言語背景をもつ子どもが多数生活しています。しかし日本の学校の現状は、異文化に触れることに慣れていない子供たちが、ただ一つの言語「日本語」のみを用いて生活をしているのです。そんな日本の学校の環境は、外国人児童にとって、想像以上に大変です。。

特に日系人は日本生まれ日本育ちが多くなり、ことばの問題は解消されるかと思いきや、さにあらず。

生活用語はぺらぺら話せているように周囲は思いがちですが、活用諸々間違いが多く、さらに学習用語となると、わからないため教室の勉強について行けない子ども達が本当にたくさんいます。

そして日系人に限らず、日本語の全くできない子ども達が毎年何人も来ます。

彼らは自ら望んで来日するわけではなく、一人では生きていけない状況の中、親たちの諸事情に伴いしかたなくついて来ざるを得ない子ども達が多くいます。

国籍を問わず全ての子どもに教育を受ける権利が認められている「児童(子ども)の権利条約」にわが国も批准しています。

しかし国際基準となっている義務的な初等教育は受けられるものの、内容的に均等に保障されているかというと現場の努力だけでは難しいものがあります。

現状を踏まえ、次の世を担う彼らが「正しくいきてゆくための教育とは何か」を考え、声を出し続け、微力ながら行動に移してゆく必要があると考えています。

こんな課題を解決したいのです (おとな)

リーマンショック 

 10年以上同じ工場で働き、仕事の技術では日本人と遜色ないように思える者でさえ解雇された。

 

どうして日本に留まっているのか 

 国(日本)の帰国支援も退け、日本で生きることを選んだ日系人。

日本での出稼ぎが長期の者は既に生活基盤をこの国に置いている。簡単には生活の変更ができない者、母国にはもう帰る場所がない者達もいる。
残って日本の景気復活にかける者も当然いる。日本が好きだから残るんだと言った者もいる。



日本語支援の意味

 企業も生き残りをかけた時代、働ければまだましだった。

なかには稀だが新たに社員登用されたり、また継続して働けた者もいた。こららの諸事情を目の当たりにして日本語教育の大切さを改めて考えた。


経済苦は日本人とて同じだったが、彼らには「ことばが不自由」というハンデイがもうひとつ、重くのしかかっていた。


日本語学習の意味

 この頃、1年間厚生労働省の「日系人就労準備研修」を受託した組織に関わり、日本語支援を行った。

この時代は、見方をかえれば日系外国人労働者にとっては不幸中の大きなチャンス到来だった。
日本在住を選んだ彼らは、安定してお金を得る仕事につく為には、日本語が必要であると気がついた。やっとここに至って本気で勉強しようとする者達が多く現れた。(と言っても、いろいろあったが)


時を逃がすな

 〈求める「今」学ばせる事が大切〉
ジャボラは地道に日本語支援を行ってきた。
夜は年間40回が基本である。自分たちの本来の仕事があく週末に行い、まさに家庭も顧みず・・状態で踏ん張った。(いまも・・・。)

 

持続そして希望

 日本の少子化による労働不足等から、望まれて来日したはずの彼らだが、先々の諸般の事情で「用は済んだのでお帰りください」は断じて許されない。

差異はあっても差別はしないのが同じ人間として大切なのだ。かといって一方的な変革もあり得ない。

日本で生きることを選んだ者も相応の努力があって当たり前。
そこに共生の道も広がっていくのだということを「にほんご支援」のなかで行っていきたいのである。

 

~リーマンショックから7年の歳月が流れ~

 膨大な情報の渦の中、つい先日のことさえ過去のこととして忘れ去られる昨今、リーマンショックなどはるか昔の事のようである。

雇用形態の嘆き
アルバイト、パート、短期契約といった、雇用の形態そのものは更に悪くなったかもしれない。(1ヶ月更新の繰り返しもある)

そして彼らは(社会も)またいとも簡単に同じことを、同じ形態の働らき方を選択し、求めている気がする。

あきらめることはしないが、彼らの子ども達に負の連鎖は負わせたくない。急がば子どもの教育かも!

・・・・と思う昨今である。…どこまで続くこの道は。

              ジャボラNPO代表 河合世津美

ページの上へもどる

ホームへもどる

 

 

activity

 

activity

 

calender
tyuu